メディア実績一覧

Media

  • 国連機関トップ ガザ地区訪問 冬を乗り切る支援と停戦訴え|NHK

    UNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関のラザリーニ事務局長は14日、エジプトとの境界にあるガザ地区南部のラファ検問所を訪れ、人道支援物資の搬入状況を視察しました。 NHKの取材に応じたラザリーニ…

    もっと見る
  • 未曽有の「人類の危機」|国連広報センターブログ

    ガザ危機が勃発する直前の 10 月初め、フィリップ・ ラザリーニ国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA) 事務局長がガザの中学生3人とともに訪日し、シンポジウムやミーティングでご一緒する機会があっ…

    もっと見る
  • 戦闘続くガザで感染症急増 国連機関、物資不足で支援訴え|共同通信

    パレスチナ自治区ガザで10月から続くイスラム組織ハマスとイスラエル軍の戦闘が全域に拡大し、避難民が集中する避難所では、感染症が急増し劣悪な生活環境に拍車をかけている。支援活動を担う国連パレスチナ難民救…

    もっと見る
  • 国連機関のガザ事務所長 “より長期の戦闘休止が必要”|NHK

    ガザ地区で人道支援にあたる国連機関の現地代表がNHKのインタビューに応じ、戦闘の休止期間を利用してガザ地区北部に支援物資を届けることができたものの、食料も生活物資も足りていないとして、より長期の戦闘休…

    もっと見る
  • ガザ地区で戦闘休止も「先が見通せない」疲弊する人々、日本人UNRWA保健局長の葛…

    10月7日に始まったイスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの激しい戦闘で、ガザ地区内の死者は11月23日現在、1万4800人を超え、このうち約6000人は子どもと報じられて…

    もっと見る
  • ガザに「安全な場所ない」 国連、避難住民も多数死傷|共同通信

    【ウィーン共同】国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のアルリファイ渉外・コミュニケーション局長は23日までに、イスラエルが地上侵攻するパレスチナ自治区ガザにはUNRWAの建物も含め「安全な場所…

    もっと見る
  • ガザ地区、パン屋は10時間待ち 避難所では感染症、心のケアも急務|朝日新聞

    イスラエルと、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスとの軍事衝突により、多くのパレスチナ人がガザ地区南部への避難を余儀なくされています。ガザ地区への支援の調整を続ける国連パレスチナ難…

    もっと見る
  • ガザ、あふれる避難民、届かぬ支援 飢え・感染症・電力不足…「地獄」|朝日新聞

    1950年からパレスチナ難民支援を続ける国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が運営する学校など151の施設では、約74万人の避難民が過ごしている。清田明宏保健局長によると、2千人ほどを収容でき…

    もっと見る
  • イスラエル・パレスチナ情勢 専門家と徹底分析 vol.2「人道危機の現状」|BS…

    イスラエルとイスラム組織ハマスの一連の衝突から、1か月。7日の国際報道は90分特別版として放送。視聴者のみなさんからのご意見や質問を募集して、イスラエル・パレスチナ情勢について「最新の戦況」、「人道危…

    もっと見る
  • ガザ北部に民間人30万人 住民残留、過去の土地接収が影響―UNRWAの清田局長|…

    国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の清田明宏保健局長(62)=福岡市出身=が6日、時事通信のリモート取材に応じ、イスラエル軍が包囲するパレスチナ自治区ガザ北部に同日時点で「民間人約30万人が…

    もっと見る
  • ガザ人道危機 日本が10億円緊急支援 避難者支援の国連機関に|毎日新聞

    イスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘で、パレスチナ自治区ガザ地区での人道危機が深まっていることを巡り、日本政府は24日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に700万ドル(約10億5000万…

    もっと見る
  • ガザ緊急支援で15億円 水や食料、医療確保―日本政府|時事通信

    【エルサレム時事】日本政府は24日、パレスチナ自治区ガザへの人道支援として、総額1000万ドル(約15億円)の緊急無償資金協力を決めた。イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘で人道状況が悪化していること…

    もっと見る
  • ガザ医療逼迫、燃料不足深刻 国連職員「先行き見えぬ」|日本経済新聞

    イスラエルとイスラム組織ハマスの衝突で、パレスチナ自治区ガザの医療が逼迫している。同国軍が空爆と地上作戦を拡大させる中、現地の病院の3割が閉鎖し、燃料も尽きつつある。「このままでは救える命も救えなくな…

    もっと見る
  • 「地獄広がるガザ、行動問われる世界」 UNRWAトップが寄稿|朝日新聞

    パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の軍事衝突は、民間人に多くの犠牲をもたらしました。1950年からパレスチナ難民を支援する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA…

    もっと見る
  • ガザ地区出身の中学生 来日中紛争勃発で故郷帰れず 家族の安否案じながらヨルダン滞…

    パレスチナ・ガザ地区で暮らしていた中学生3人が、来日中に紛争が勃発し、家族が待つ故郷に帰れない日々が続いています。現在は国連機関が保護し、ヨルダンに滞在しています。 ガザ地区出身の中学生3人は、…

    もっと見る
  • ガザ地区 人道支援物資搬入 21日以降か イスラエルと交渉続く|NHK

    パレスチナ難民を支援するUNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関のジュリエット・トゥマ広報部長がNHKのインタビューに応じ、ガザ地区への早期の人道支援物資の搬入が必要だと訴えました。 このなか…

    もっと見る
  • ガザの市民はいま パレスチナ難民を長年支援の日本人国連職員からの現地最新報告|N…

    中東情勢が緊迫する中、ガザ地区の人々の暮らしはどうなっているのか。今も連日、ガザの現地のスタッフと連絡をとりあっている日本人がいます。長年、ガザ地区など現地でパレスチナ難民を支援している国連機関・UN…

    もっと見る
  • ガザ、私は見捨てない 市民支援の日本人「戦闘は何も生まず」|朝日新聞

    国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のガザ事務所に勤める吉田美紀さん(40)は軍事衝突が起こる直前、ガザ地区の中学生ら4人を連れて広島を訪れた。平和記念資料館や街並みを見た後、生徒たちは科学者…

    もっと見る